海外 | CEO Blog | 株式会社インターパーク Interpark., Co. Ltd.

CEO Blog代表 舩越裕勝のブログ

December,20182018年12月

フィリピン、タイ、マレーシア視察 2018年11月25日~12月2日 2018-12-10 Filed under: 日記海外

今年はシンガポールにはじまり、アジアを中心に香港、深圳、カンボジア・プノンペンと東南アジアでのビジネス展開の調査をしてきました。

シンガポールで出会った高橋さんとの出会いが、ひょんなことからつながりなんと同じ日にマニラにいることがわかりお会いしました。セブでのオフシュア開発についての様々な話をお聞きすることができ本当に有意義な情報交換ができました。

独立したばかりの古橋さんもたたき上げの経験をお持ちの方で、本当に優秀な技術者の方にお会いできました。

フィリピンでのビジネス展開は非常に可能性があると感じました。

マカティの中心地はとても進化しており、一見シンガポールのような高層ビルや綺麗なオフィス街があり、私が10年くらい前に来た時とはもう面影もないような雰囲気でした。しかしながら、昔から変わらないのは貧富の差があるところは同じであり、お金だけが幸せのバロメータではないというような感覚も持ちます。ただ、食べるものから何から全部が違って、現地ローカルの人が食べるものと外国人が食べるレストランも違えば価格もものすごい差があるからびっくり。

それって日本にはない感覚だなって思いました。

JETROマニラにアポイントを取り坂田さんにお話しをお聞きしましたが、フィリピンは開発拠点としてはものすごく良い場所だなと感じました。前日に話したセブもフィリピンの経済特区であり、システム開発をする拠点として、北海道とセブ島の温かい場所と寒い場所でシステム開発をしませんか?というのは、今後会社の魅力になると思いました。

また、英語がとても普及しているのもよいと思いました。少子高齢化である場所にとって、若い人が多い。そして人口が増え続けるフィリピンは、いろんな意味で日本とは別の未来の可能性があると感じました。

都市開発もものすごく進んでいて、街並みもとてもきれいに整備されています。しかし、フィリピンの人は近くに住むことができず仕事があれば2~3時間かけて通ってくる人も多いとのこと。私の知り合いのマニラのシステム開発会社では、社員寮を作って福利厚生として提供することで社員満足度が向上し、離職率が下がったということも言ってました。

いろいろ工夫して技術者を育てているとのことです。

さて、3日目の27日にフィリピンからタイ・バンコクに移動しました。バンコクは電車が発達しており空港からの移動はMRTがとても便利です。すっかり近代化が進んで、景気も上向きとのこと。ただ、いろいろ問題もあるらしく、せっかく高度成長したところで少子高齢化がはじまってしまうという問題もあるようです。

今回は、モンスターハブという日本や海外からのスタートアップの人達が集まるレンタルオフィスの見学をさせていただきました。ロシアとのシステムエンジニアなどの人材交流をビジネスモデルにしているTalentExの越さんにいろいろお話をお聞きしました。

タイとロシアの間にはビザがいらない点に注目し、IT技術者をタイに連れてくるというビジネスモデルとのこと。なかなか面白い発想です。このビジネスモデルで資金調達もしているとのこと。

また、タイでもJETROバンコクにお邪魔して話を聞きました。近況をお聞きしたところやはり景気が良いとのこと。また、一昔前は日系企業は製造業が多かったのですが、ここ数年は商社が多く入ってくるようになり、バンコクでの日系企業の営業活動も活発になってきているとのことでした。ただバンコクはなかなかビジネスするためのハードルが高いらしく、日本人がビジネスするのにそれ相応の資本金を積む必要性があるというのもポイントのようです。
バンコクではすっかりクリスマスムード。中国では今年、クリスマスを祝うことを禁止しているようですが、バンコクは日本に近いせいか宗教へのこだわりは少ないようです。

デコレーションも大がかり。熱い国のクリスマスはシンガポールもそうですが大がかりなデコレーションが多いですね。

そして、バンコク3日目の29日にはマレーシアのクアラルンプールに移動しました。クアラルンプールでは、札幌市及び産業振興財団の視察団と交流しバスで移動。クアラルンプール市街のホテルにいったん入り、そこから懇親会に参加し、明日からのスケジュールを確認しました。

2日目はJETROクアラルンプールで勉強会。イスラム教信者が60%であるにも関わらず、クリスマスシーズンは町中クリスマスデコレーションという自由度の高い国。また、国民の30%はマレーシアより給与の良い場所に出稼ぎにいくという国。シンガポールは100万人。バングラディッシュは22万人が出稼ぎに出ているという現状。

またシンガポールの起業家、DIVERTA(株式会社ディバータ)の鈴木社長は日本で売っているCMSをシンガポールの日系企業に提案しているとのこと。どちらかといえば、日本の仕事、デザインなどを、オフシュアで受けているのがメイン。近年は販売にもつながってきていて、クアラルンプールの日系企業などにも販売しているとのこと。

英語圏ということもありマレーシアも商圏市場として考えられないわけではないがやはり物価が安いこと。また、人件費が安いことからIT商材の販売はまだもう少し時間がかかるかもしれません。

次に視察にいったのはマレーシアのスタートアップ企業の為のインキュベーション施設。マレーシアが国営でやっている施設に行きました。

MaGICという施設で、現在東南アジア全般で普及しているCtoCの配車アプリであるGRABもこのインキュベーション施設出身とのこと。マレーシアでは、スタートアップ企業を作っていくことに熱心に活動しています。施設はとても素晴らしく。そして広くて綺麗でした。

こんな場所でスタートアップ企業どおしが切磋琢磨できる環境はうらやましいですね。しかも国営というのも魅力的です。日本でもやってくれるとうれしいですね(笑)


最後にサンクレエの森さんと、そして森さんのサッカーの教え子の学生がマレーシアに留学しているとのことで合流し写真撮りました。

なんと、私の親友の息子の友達とのことで親近感がありました。マレーシアで一人で留学して頑張っている話を聞き、逆にいろいろ勉強になりました。

おじさんたちにお付き合いいただきありがとうございました。

マレーシアはイメージ的にとてもゆるーい国で、すごく規制が緩和されている場所なイメージがあります。

英語圏ということもあり、将来のマーケット・サービス提供市場として考えていける場所であると感じました。

今回8日間という長い期間3つの国を回ってビジネスの可能性を見てきました。売る市場なのか。作る場所なのか。その両方ができるのか。

まずはシンガポールを足掛かりにして、APECやTPPによる規制緩和に期待し、来年そこからASEAN諸国への展開をしていくことを計画しています。

まずは1歩づつコマを進めていきたいと思います。

 

シンガポールレポート 2018年10月28日~11月2日 2018-11-10 Filed under: 日記海外

 

今年最後のシンガポールに行ってきました。

今回がたぶん10回目でしょうか。シンガポールでのビジネス展開に本当に多くの人にお世話になりました。

世界でビジネス展開していくために活動していないと、一生で会えなかっただろう人達とのつながりに感謝です。シンガポールの学生

一番大きな成果は人の紹介で、弊社に入社してくれたカイくんの存在です。世界展開していく為に素晴らしい仲間との出会いをいただきました。MANGOくんありがとね。またKAMOコンサルティング佐合さんにも本当にいろいろと良くしていただきました。

心から感謝申し上げます。

また、そのために本当に多くの人とのご縁をいただきました。

そして、ビジネス展開ではイベントレジスト 種倉さんとの出会いもとても大事なものです。一つひとつの出会いを大事にし、ともに成長できるビジネスパートナーになれると嬉しく思います。

シンガポールでのサービスの販売は、まだまだ商品力、サービス力、PR力不足。さらに、それ以外にも様々な課題が山積みですが、これらすべてをひとつづつ解決していきたいと考えています。

まだまだ順調とは言えない海外事業ですが、今期「実行」の目標には海外展開の加速も含まれています。

今回のシンガポール渡星は、お世話になった方々へのお礼が中心でした。また、今後の展開としてどのように進めていくか。新たな展開に向けて日本国内での動き、そしてシンガポールというか英語圏全般に向けた動きを加速していかねればならないと思っています。




また、シンガポールで和僑会そしてWAOJEの皆さんにも今年入会させていただきいろいろ情報交換させていただきました。

このつながりをもとに、本格的にビジネス展開していきたいと思います。

これからが本当の意味でのスタートです。

WAOJE Global Ventre Forum 2018 in Phnom Penh ~ワオジェ グローバルベンチャーフォーラム2018~ 2018-09-15 Filed under: 海外

2018年8月30日(木)~1日(土)カンボジアの首都プノンペンのソカーホテル・プノンペンで、WAOJEという会のグローバルベンチャーフォーラムというイベントがあり、世界で活躍する日本人のイベントに参加してきました。

■WAOJE Global Ventre Forum 2018 in Phnom Penh

https://waoje.net/gvf2018/

素晴らしいイベントで、世界で活躍する日本人企業化が各国でビジネスをするにあたりどんなことが大変だったか。各国にどのような特徴・課題・法律の違いなどについての講和やパネルディスカッションが開催されました。

カンボジア プノンペン WAOJE

これは前日の前夜祭の様子です。プノンペンの市長が来て挨拶してくれました。すごいことだと思います。
カンボジア プノンペン WAOJEちなみに司会は元NHKアナウンサーの有働さん。ほんの5mくらいの距離にいて司会されてました。後から考えたら一緒に写真撮ってもらえれば良かったかな?(笑)とちょっとミーハーなことを考えました。司会は完璧。どんなトラブルがあっても、ちゃんとつなげてちゃんとフォローして・・・現地のスタッフと音響のタイミングとか映像のタイミングとかやはり調整難しそうでした。

開催を段取りしている方々に改めてお礼申し上げます。本当に大変だったと思います。ありがとうございます。

さて、前夜祭です。そんなバタバタはあってもとても盛り上がっていました。本当に多くの方と名刺交換していただき、世界の弁護士の方や、様々なビジネスをしている方とお話ができたことはとても勉強になりました。
カンボジア プノンペン WAOJE

前夜祭ほんとすごい人でした。プノンペンで日本人がこんなに1か所に集まるってことはそうそうないかもしれませんね。

カンボジア プノンペン WAOJE

さて、次の日ですが、ピッチコンテストというのが開かれ、私も登壇してピッチさせていただきました。5分程度のピッチでしたが、いろいろご質問いただいたり、ご意見いただけたり、とても勉強になりました。カンボジア プノンペン WAOJE

私がピッチした時の雰囲気はこんな感じです。朝早く8時だったにも関わらず多くの人が参加してくれました。
カンボジア プノンペン WAOJE

その後、終日行われたセミナーの一つのフォーラムの様子です。カンボジア プノンペン WAOJE街の様子です。


今回カンボジアはじめめていきましたが、私の印象でいうとタイの10年前。ベトナムの5年前の経済の状況という印象ですが、なにより違うのは携帯が普及していることと、高層ビルの建設ラッシュということ。カンボジア プノンペン WAOJE

車は超高級車(ランクル等の4WD)とほとんどがバイクという貧富の差めっちゃあるんだってことが明確。月の平均給与はUS$100というから、びっくり。トゥクトゥク(屋根付き3輪バイク)がまだいっぱい走っててGRABで呼べました。カンボジア プノンペン WAOJE

道路は信号はほとんどなく、歩道もこんな感じ。カンボジア プノンペン WAOJE
街の様子はこんな感じ。バイクはベトナムと一緒で一人1台必要って感じです。電車とか公共交通機関がまだないので、これから整備されるという感じでしょうか。カンボジア プノンペン WAOJE

有名なオルセーマーケットを見てきました。雑多に並ぶ洋服、雑貨。その他なんでも売ってます。値段が書いてないのは、現地価格と観光客用価格があるとのことでした。現地の人も買いにくるような場所です。カンボジア プノンペン WAOJE

ここはセントラルマーケット。同じような感じの市場ですが、オルセーマーケットより整っています。6角形のセンターがあって、そこから放射線状に広がるのですが、どこにいるのかわからなくなるくらい広いです。こちらは、現地向けというより観光者向けといったイメージ。カンボジア プノンペン WAOJE

カンボジアといえばアンコールワットが有名。そこにでもプノンペンからアンコールワットのあるシュムリアップはめっちゃ遠い。今回はフォーラム参加が目的なので、まったくいけず、近くにあったプノンペンで歩いて行けるシルバーパゴダという場所にある精巧な模型を見学しました。
カンボジア プノンペン WAOJE

信号がないので、みんなちょーゆっくりです。

カンボジア プノンペン WAOJE

空港の様子です。空港もフルオープン。びっくりしたのはお金です。カンボジア通貨 リエルには日本円から換金できないってことです。日本でできず、タイでできず、そして現地の空港でもできずでした。

US$で支払って、リエルでおつりをくれてはじめてリエルをもらえるって感じです。

今回は、「US$2.5」=10000リエルという換金レート。
カンボジア プノンペン WAOJE

GRABはカード決済できましたが、カードもほとんど使える店は少ないです。観光客向けの店や西洋人が多い店はカード使えましたが、コンビニでも使える店は本当に少数でした。カンボジア プノンペン WAOJE

ソカーホテルプノンペンは町からとても離れています。中州のような場所にあるホテルで全面川に囲まれているホテルです。
カンボジア プノンペン WAOJE

夜に着いたのですが1日目朝起きてびっくり。川は茶色でした。カンボジア プノンペン WAOJE

夜は夜景がとても綺麗でした。対岸から見るプノンペン。
カンボジア プノンペン WAOJE

ナイトマーケットも見に行ってみました。ここは良心的。値札がちゃんとあってみんな統一価格です。
カンボジア プノンペン WAOJE

毎日ライブをやっているそうです。カンボジア プノンペン WAOJE

市場周辺の地域歩いて見学しましたが、なかなかサバイバルな治安悪そうな場所でした。カンボジア プノンペン WAOJE

それでも経済の発展目覚ましくハングリーな雰囲気をとても感じました。聞いたところによると経済成長はタイ、ベトナムに比べて急成長しているということ。
カンボジア プノンペン WAOJE

携帯が先に普及した新興国。これから世界が作られるという時点で、情報、電子マネーなどにイノベーションが起きることは間違いない。どんなインフラができるのかで発展の仕方が、先進国のようにはならないことだけはわかりました。

出来上がった世界ではわからない新しい世界間は、中国・深圳、そしてベトナムなどと同じような発展の勢いを感じる場所でした。

中国 深圳・香港 視察報告 2018年7月 2018-07-28 Filed under: 海外

2018年7月 アジアのシリコンバレーと呼ばれている都市 深圳(シンセン)。数年前から様々なところでものすごいスピードで中国が変わっているという話を聞いており、そのもっとも最先端の場所がもっともイノベーションが起きやすい活気ある都市としての話題性が高かった場所。ハードウェアのエコシステムといえば聞こえがいいが、オープンソース的な発想が著作権のゆるい中国では、オープンハード?になっており、パブリック基盤と呼ばれるものが出回っている社会。

そこで実現したものがハードウェアの組み合わせで世の中にないもの。あるものでも低コスト、短納期で実現できる仕組みが構築された。

また、中国の風土からから信用商売となるクレジットカードの普及より先にモバイルが普及した時代背景。さらにFacebookやLINE、Googleが使えない国の環境から、中国独自の起業、BATHと呼ばれる4大企業が急成長。

バイドゥ、アリババ、テンセント、ヒューウェイのビック4が中心となって深圳でベンチャー企業への出資なども行うことでさらに新しいビジネスやアイデアは加速する。

これらの様々な要因が独自のカタチで進化し、電子マネーの普及を推進。新しくできたものが、インフラとして定着し、その上に何ができるかという常に新しいビジネスモデルが生まれる環境。

環境といえば、走っている車の7割~8割が電気自動車(EV)。トラックや業務関連の車両、バスなどはほぼ100%電気。町の中がとても静かで、多くの車が走っているのに音が静かだった。

電気自動車が普及することで、世界の車は締め出しを食らっている。こんなに日本車、ドイツ車が少ない都市を見たのは初めてだった。また車は購入するのにナンバーを購入するという仕組み、1つのナンバーを購入するのに日本円で200万円とも言われていることからカーシェアも普及している。これももちろん電気自動車。

そんな深圳を今回、弊社役員3人で見てきた。日本から香港へ、中国の特区である香港から北上し深圳に入り、中国国内の入国審査を受けて中国本土に入るが香港はGoogle、Facebookも利用可能。LINEもいけるし、中国用のWifiでも問題なく接続できた。

しかし国境近くなると電波が悪くなり、使えたり使えなかったり。深圳に入ると香港からの電波しか使えなくなってしまった。ちなみに通常はVPNでないとつなげないようだが、世界Wifiは深圳でも接続できた。

ただ一緒のツアーにいた人で香港との国境近くのホテルに宿泊している人はホテルの回線でGoogle、LINE、Facebookなどを利用できたらしい。私たちの宿泊したホテルはグゥアンドン ホテル(深セン粤海酒店)(GUANG DONG HOTEL SHENZHEN)だったが何よりフロントが日本語対応可能なのがうれしかった。ちなみにインターネット回線は残念ながら中国回線でGoogle、LINE、Facebookなどには接続できなかった。

さて、視察ですがスタートしてすぐに気づくこと・・・香港はもちろんですが、深圳はかなりの都会でした。香港は人口約740万人、深圳は1250万人。とにかく人がいるというイメージです。さすが中国。


上記写真の平安国際金融中心は、深圳の新しいシンボルになる建物。中国第2位の生命保険会社である中国平安保険(集団)の本社ビル。2018年7月現在は建設中。最頂部は660mとなり中国で最も高いビルとなる。エレベータは80機あり地上115階。地下5階建。



私たちは、今回2日間の現地のIT視察ツアーに参加し様々な場所にバスで案内してもらいました。中国という土地柄、また言葉の通じない場所だったので、効率的に見たいと思い視察に初参加。非常に濃縮した二日間となりました。

以下の写真は 華強北電子 という秋葉原のような中国一の電気街です。ガイドの人が知識さえあればスマートフォンの部品がここで全部手に入り、組み立てることができるぐらい部品を購入できるとおっしゃってました。



ここがこの電気街の入り口のモニュメントだったのですが、とにかく小さい店がものすごい数並んでいます。部品屋さんのほうが多いのですが、生成品を売っているお店も多く。どこの店でも様々な、大手メーカーの複製品的な電化製品が格安で売っていました。試しに買ってみたいものなどにはとても良いかもしれませんね。

少し前まではそのような生成品は様々な無名の複製品だったといいますが、最近はブランドが大事だということになり、ブランド名をもっていろいろな複製品をつくっている店が増えてきました。このような流れがあり、中国企業がシャープを購入したかったということになったのだといいます。

中国人もすぐに壊れるものや、保証のないものはやぱりいやなのでしょう。一定のクオリティであることを保証するブランド力がないとなかなか売れなくなってきているということを聞き、人の心理はそうなると思いました。

ただ新しいものづくりのスピードや、クオリティよりできる成果が優先のこの場所では日本企業のモノづくりのスピードでは革新的なことはできないと感じました。とにかくスピードとコストで勝負してくることにかけては最高の場所だと感じました。

それがいろんな意味で「試作品の実験地」と呼ばれる場所の由縁だと思いました。






そして電気街を出た後 アリババ傘下のオンライン注文、デリバリーのスーパーを視察しました。UBERイートのようなイメージの宅配スタッフが待機しており、数時間以内に海産物を生きたまま届けるというサービスが売りなんだそうです。

また、お店には水槽があり水槽から直接海産物を選んで調理スペースにもっていくと料理もしてくれるとのこと。

スーパーで好きなものをテーブルにもってきて食べるという発想は斬新です。

終わった後にアリペイで支払う。アリペイしか使えないというのはかなりこれも斬新ですが・・・ちなみに旅行で行ってもアリペイには現在チャージできません。

電子マネーのことをちょっと書くと、中国政府の管理ができなくなるということもあるのかもしれませんが、現在はアリペイのIDは中国に銀行口座の持っている人しか作れなくなっています。ただWeChatPayのアカウントはカードで作れるようになっており、チャージは専用端末か知り合いからチャージしてもらうしかありませんが、持つことはできます。




今回の目玉、先進的技術のひとつ。無人コンビニです。3店舗見に行きました。正直日本の高速のサービスエリアでできてることじゃないか?という発想です。

すごいのは顔認証すること。電子マネーが使えること。調理や決済の仕組みがすごいのであって、無人コンビニの内容はAMAZON GOとは比べ物にならないほどいまいちでした。

ちなみにものづくりも私の所感ですが、スピード及びコストは意識があるけどクオリティは60%でいいよね。という感覚があるように感じます。

先進的なことをしたいということはわかりますし、そういう実験的取り組みはすごいと思いますが、日本だと実験段階であって実用レベルではないよねというレベルから一般公開されているイメージです。

例えば、ICタグやバーコード、カメラセンサーなどでの商品認識が間違えたり、顔認証の際に後ろの人がいるとその人から間違って決済してまったり、何を捨ててどうスピードを上げるかを日本人より究極を極めた感じです。

日本人のあたりまえは通用しないなと思いました。

2件目行ったのですが、店舗は空いてましたがアプリで購入しようとすると商品は入っていますが、販売できませんというエラーになってしまいました。ガイドの方二人でいろいろやってくれましたが、ダメでした。そういうこともあるんですね。



そしてもう1店舗行ました。カモ肉販売店です。今年5月から周黒鴨(鴨肉加工食品の小売店)とWeChatPayが提携して 周黒鴨×WeChatPayスマート店舗ができオープンしたということで見に行ってきました。入口の壁一面が液晶で未来的なイメージ。無人店舗の入り口も顔認証で入ります。

事前に登録していると入れる仕組みなのですが入り口は二次元認証なので、私も違う人と認識されて入れました(笑)




顔認証の決済は3次元認証となっており、さすがにこれはできませんでした。この台の上に置くとカメラがバーコードと重さセンサーで読み取り、商品を特定します。

無人でやるということに意味があるのだと思いますが、慣れていないせいか購入しようと思ったのですがなかなか認識してくれませんでした。カメラの向きに合わせるなどコツが必要なようです。

ちなみにここまで無人にしたら商品の補充も何かでやればいいのにと思うのですが、商品の補充はスタッフの方がいらっしゃってやっていました。。まだまだフルでの無人化は遠いようです。

ここからはソフトウェアパーク視察の内容となります。今回の視察の2つ目の目玉。深圳のインキュベーション施設。それとCECCと呼ばれる電子消費情報センターの視察です。近未来のワクワクするような電子機器のイベント会場のような場所です。

アメリカでいうと「b8ta」のメーカーブース展示場みたいなところです。入口はのスターウオーズ ストームトルーパーの実寸の人形があり、エレベータは乗車箱内が前面液晶で近未来間万歳でした。まるで宇宙に飛び上がるようなエレベータで期待感MAX感動の瞬間でした。

エレベータ内の映像といえば、ニューヨーク ワールドトレードセンター エレベータがニューヨークの歴史をエレベータ内の液晶全面でやっているのを思い出し、近未来のエンターテイメント性というのはアメリカも中国も考えることが似てるのかなと思いました。

深圳で最も世界に有名な会社DJI。深圳にはドローンの開発、販売企業が200社以上あるそうです。dJIはコンシューマー向けドローンで最も大きな企業だということでした。工業用や業務利用のドローンだと高層ビルの建設に合わせて消防用のドローンも実用化間近なところまで来ていることです。人々の安全のためにドローンが活躍する時代ももうすぐ来るのかもしれません。




日本でも話題になりました。4面から見れる3Dモニュメントです。生きているように話ができます。学習機能も付いていて話し相手になってくれるようです。そうやって人はコミュニケーションを人としなくなり、機械とするようになってくるのかもしれません(笑)

ある教室で小学生が勉強会をしていました。中国だから英語は勉強しないのかなと思っていましたが、先生は英語で話しており、英語と実験を兼ねた授業のようでした。みんな片言ではありますが、それでも積極的に英語で発表しているのを聞いていると日本の小学生のほうが英語の教育レベルは遅れているなと感じました。

IoTセキュリティグッズ。電子錠です。スマホでも、番号でも鍵でも施錠・解錠できる優れモノ。

冷蔵後についているモニター。インターネットに接続しレシピなどを検索できるとのこと。中国語で使えなった。

ヘルスケア管理できる洗面台。前に立つと健康状態、体重などを計測してインターネット経由で保存。日々の状況を記録してくれるような仕組み。とても未来を感じる。欲しい!!そう思った1品です。
これはトイレですが、検査できるトイレです。リトマス紙を使って健康状態を数秒で検査できる検査通信機器のついたトイレです。また中国はなぜかトイレは全面防水であることが大事なようで、水を回りからかけても大丈夫ということが1つの”特徴”になっているようです。

施設の中に、体のサイズ、体重・身長などをセンサーで測定できる自動販売機のような機器。自分の携帯電話にSNSで転送できるのですが、残念ながら中国の携帯電話番号でないと送信できない。

計測できるのに記録できない(笑)

外国人は対象にしてないってことなんだと思います。


ここで少し休憩。突然のカフェ。これも視察です。すごいものに出会いました。ガイドの人が勝手にドリンクを注文。普通のアイスコーヒーがいいなと心の中で思っていたら、出てきたのは「ドリンクの上にクリームチ―ズの乗った紅茶。ここは中国で大人気のカフェで HEEKCAA(ホッカチャ) というお店でした。なんでも混ぜて飲むのですが、人気すぎて行列が当たり前のこのお店。中国で30店舗の展開をしているとのこと。最近韓国にも進出したなんて話も聞きました。

びっくりして飲みましたが、うまかった。クリームチーズと紅茶 合うんです。なかなかおいしい。

日本にもあるですかね?IT関係ばかりのツアーの間にこのようなほっとするような時間もプロデュースしてくれたツアー会社「ホワイトホール」佐々木さんに感謝です。

さてここからはソフトウェアパークの視察です。以下の施設は弁護士施設で、この場所には投資家、ベンチャー企業、弁護士、会計士などスタートアップから企業が成長するのに必要な人達が集まる町全体がインキュベーション施設のような場所です。


そこにテンセントの本社ビルがドドーンとあります。圧巻。

投資家や金融、ベンチャー企業も様々な企業がここに入っています。Googleなんかもいるのが不思議な感じでした。また以下の模型はソフトウェアパークの模型です。インキュベーション施設というかパークという点からかもしれませんが、私が見てきた中で世界一規模がでかい。シリコンバレーで各企業やPlug and Playのような施設がここのパーク一か所に集まっている感じですね。


ソフトウェアパークを抜けて電子決済と注文の仕組みも電子化。こういう注文の端末は、そういえばパリでもみました。パリのマクドナルドでこんな端末で注文した気がします。店員さんは商品出すだけ。

下にあるカメラのある場所で決済します。これは近い将来実現可能なファーストフードのカタチですね。

でもいずれにしても電子マネーの普及が最優先なのかもしれませんね。

さて、そして最後に深圳のベンチャー企業訪問の様子です。無人コンビニを普及させている企業訪問ということだったのですが、親会社がゲノム系の企業でジェネリックや薬などを手掛ける関係から、なぜかそちらのほうまで見学することに・・・



入ってすぐ柱が液晶モニター。お金ありますっていうのが伝わるエントランス。

オフィスもおしゃれでした。カウンターがあり、そしてソファーやテーブル席もあり、中国が新興国というイメージは完全に払しょくされていると思います。日本の企業よりおしゃれ?

ここからは親会社見学。ゲノム系。医療についての話はあまり興味がわきませんでした。中国で医療?ピンとこないですが、アメリカとの共同研究などもしているようです。

長ーい壁全面に液晶。進むたびに映像が出てきて説明してくれる。過去から現在までの原子の説明から、現代につながるところを語ってくれる。企業がプレゼンの為にどれだけお金かけれますか?まさにミュージアムレベル。

医学系だからできるのかな。すごい施設でした。



そして、そのベンチャー企業の無人コンビニ見せてもらいました。ここは今まで見てきたものよりクオリティ高いです。アリだなと思いました。決済の際、商品間違ってたのは気になりましたが・・・

細かいことを気にしないで先進的なことをしていこうという深圳の心意気。私も日本人の慎重すぎるところは世界基準には程遠いなと感じました。

また深圳にいる人たちが変わり続けていることに慣れているということ。私が感じたのが日本でいうと渋谷みたいなところ。新しいこと、新しい取り組み、新しい社会の仕組みなんかも、便利になるなら変わることを受け入れていくっていう姿勢があること。

イノベーションはそういう場所じゃないと起きないという。そこに住む人達の発想力や考え方への依存性は非常に高いと感じました。

中国 深圳の企業訪問して、私たちも何かイノベーションを起こし、新しい付加価値を埋めるものが作れる可能性があることを知りました。もっと自由に発想できることが必要。いつの間にか、日本の常識、日本のクオリティ、日本のやり方にとらわれている自分が、めちゃくちゃだな中国人と思いながらも、そうではなくプライオリティをどこに置くか。

それによってどういう効果を得られるか。という成果の為のチャレンジ。新しい取り組み。新しいモノづくり。そんなことをもっとしないといけないなと思いました。










ショッピングモールも規模がでかい。


これショッピングモールの至るとこにあるカラオケボックス。日本でははやらないと思いますけど、中国の方結構使ってました。











日本にはない活気がある場所。街の歴史は浅く、漁村から急激に進化した場所。上海、香港の下町工場のような役割で安い賃金でモノ作りができる場所として栄えてきた場所。ここに古くから住む人は少なく、中国全土から出稼ぎに来る場所。平均年齢32歳からくる若さ、未来への可能性。

ワーカーの平均給与は7~8万円程度とのことですが毎年上がっているとのこと。若い街ですが、子供や家族ずれもいろいろな場所で見ることができ、子育てする街にもなっていくように思いました。

きっと教育ビジネスはやるだろうな。

少し聞くと10年住んでいらしゃるというガイドの佐々木さん。医療にはちょっと不安といっていたのも、理解できるきがしました。ビジネスでは学ぶことが多い場所のような気がします。

また、弊社が本当にモノづくりするなら世界基準のここでやることが正解だろうなと確信しました。

罠も多いし常識も通じない。言葉の壁もある。でもそれを含めて考えてもそれ以上に、新しいことにチャレンジする基盤と、スピードとコストに魅力があり。魅力的な場所だなと思いました。

世界には、そんな町全体が急成長して近未来を創造としている場所がある。そこに勝つ、負けるではなくそんな場所を活用していくことを考えることが私たちのやるべき形だと感じた視察でした。

 

カテゴリー

アーカイブ