CEO Blog代表 舩越裕勝のブログ

June,20202020年06月

緊急事態宣言解除後の状況 2020-06-18 Filed under: 日記

突然来たコロナ。2020年2月からあっという間に6月。ワープしたかのような、時間を止めた突然のウイルスは、台風のように通り過ぎるかと思いきや、まだその火は生きていて、いつどこに燃え移るかわからない危険を潜んでいる。

 

経済活動にも沢山の爪痕を残し、特に観光や飲食店、イベント業界などは大打撃。人が集まる場所、人が密集すること。そして人に会うことすら良くないことのような状況になり、家にいて誰とも会わないことが正しいこととするような時期だった。

「経済活動をしないでください。」と言われているようなもの。家にいておとなしくしているのが、できるだけ外にでないのが今できる最大限のやれることと。

テレビではそれを繰り返し放送していた。

人生でこんなパラダイム転換を急激に感じたことはない。

 

ただ、わかったことは今回ここで何が優先順位で何が大事で、何を基準にルールを変えなくてはならないか。会社が守るべきは、第1にスタッフみんなの健康があってこそと認識することができた。

コロナウィルスはいなくならないし、またいつウィルスがくるかもしれない。そうなると働き方ももっと見直して、密にならない状況をできるだけ作ったうえで、仕事できる環境というのが社員が必要と考える会社への条件となる日も近い。

 

会社が大きく変わらなければならないタイミングに、弊社は最善の判断ができたのではないかと思う。リモートワークでの対応を主軸にして、出社するスタッフには通勤のラッシュ時間をさけてもらう為、フレックスによる勤務体制も導入した。

 

そして5月末に緊急事態宣言が解除になり、そしてすぐに発令された東京アラート。そしてそれも6月中旬に解除になり、今は緩やかに経済回復傾向といえるのだろうか。目に見えて、すこしづつ日常を取り戻しつつある。しかし、第2波、第3波の来る危険性はまだないと決まったわけではない。

自粛しつつ、必要なことはひとつづつ経済活動を復活させていく。

今、ウィルスと共存するという選択。

いろんな課題が新たに降ってきたような感覚。また先行きをどう見据えるか明確な方向性は見えにくい。

 

普段僕たちは、いくつか予測可能なイメージを持っていることが多い。このコロナで予測可能なことがとても減った。

なので初めてをやってみるしかなくなった。

 

新しい世界に変わろうとしている今。With コロナでいろんな業務のやり方や、価値観、働き方までもが変わった。

新しい世界の幕開けなのかもしれない。

 

カテゴリー

アーカイブ